日英技術翻訳・通訳

  • 企業内実務英語講座
  • トップページ

海外向け機械装置の取扱説明書や技術関係のドキュメントの翻訳

<対応可能な分野>

機械、電気、電子、材料・素材、プラント、環境、エネルギー、マニュアル、取扱説明書、安全データシート、試験報告書、作業手順書、社員用業務マニュアル、製品説明カタログ、仕様書関係、製品評価シート、ホームページ、研究論文、品質管理、ISO、その他。
過去6年間に渡り、様々な分野の翻訳実績があります。

<翻訳料金>

翻訳量、内容、難度、納期、ネイティブ・チェックの有無により都度見積もり致します。

<翻訳ご依頼時のお願い>

適切な翻訳のために、重要な部分は翻訳者にわかりやすくご説明をお願い致します。
必要な場合は、許可される範囲で工場内の機械装置を確認させていただく場合もあります。
また、規定の訳例がある場合は、予め翻訳用辞書としてご支給下さい。
納期が厳しい場合は、完全に仕上がっていなくても事前に内容説明をお願い致します。事前調査および納期調整ができます。

工場内アテンド通訳

工場見学、工場研修などに同行するアテンド通訳を行います。また、日本を訪れている外国のお客様に同伴し、ショッピングや空港での送迎など日常の行動の手助けも可能です。

<対応可能な分野>

機械装置の説明、機械オペレーターの操作研修等への対応
空港送迎や観光地ガイド(通訳案内士有資格者が対応)
国内外への同行通訳(別途、見積もり)

<通訳料金>

一般機械装置の顧客への説明、機械オペレーターの操作研修等への対応、空港送迎や観光地ガイド

  • ■1名 半日(3時間) : ¥30,000〜
  • ■1名 終日(7時間) : ¥50,000〜
<通訳時間>
半日料金 : 拘束3時間まで(9:00〜12:00)
終日料金 : 拘束8時間まで(休憩1時間、実働7時間)
<交通費>
通訳現場(またはお待ち合わせ場所等)までの往復にかかる実費。
<移動拘束費>
遠方での通訳業務にあたり通訳者の移動に相当の時間を要する場合、必要となる手当。
(実施場所までの移動時間・移動時間帯に応じてお見積します)
<宿泊日当>
宿泊を伴う通訳業務の場合、通訳実施時間にかかわらず必要となる手当。

<通訳ご依頼時のお願い>

通訳対象についての資料・情報や可能な範囲でのご提供やご説明をお願い致します。
当該のテーマについて、専門用語や目的はもちろんのこと、背景、経緯、参加者のお立場など、関係者の方々の知識や情報を共有することが通訳業務を成功させるために不可欠となります。
資料や原稿は必ずしも完璧でなくても構いません。
なお機密は厳守し、資料もご指示があれば返却致します。

お問い合わせ・お申し込み
森田技術翻訳&イングリッシュ・セミナー
〒939-8251 富山県富山市西荒屋264
TEL/076-429-4885  FAX/076-428-9105
アクセスマップ お気軽にご相談ください!

ページトップ▲

企業内実務英語講座

<ご提案の背景と趣旨>

経済のグローバル化やインターネットが普及した現在、多くの企業において国際語である英語との接点が存在し、今後もその頻度と重要性は更に増大していくことは疑いのないところです。この状況下で、日常的に技術者の皆様も様々な情報の受・発信を英語で行なう必要性を痛感されている一方、多忙な日常業務に追われる中どうしたら業務遂行に十分な英語力が獲得できるのかといった悩みを抱えていらっしゃると思われます。また、海外出張・赴任におきましても、言葉の問題が業務遂行上精神的な負担となり十分に力が発揮できないことも考えられます。

その対策として、一般英語学習やネイティブスピーカーとの会話練習で十分と認識されている英語研修のご担当の方が少なからずいらっしゃるように思います。しかし、日常会話レベルの基本コミュニケーション能力は身に付けることはできても、商品説明、会議での交渉、議論、プレゼンテーションから装置据付、クレーム対応など幅広く対応できる総合的な実務英語運用能力の獲得は困難であると言えます。

その意味において一般英語に実務を加味した英語学習は非常に有益であります。この考え方に基づき、英会話中心の従来型の英語講座ではなくビジネスの現場で通用する英語力獲得を目指した実務型英語講座を提案させていただきます。私自身のエンジニアとしての長年の経験に加え、マニュアル等の技術翻訳、製造現場での研修生様の通訳、およびプレゼンテーション指導等の経験から、技術者の皆様の立場に立った英語指導に焦点を当てたいと思います。

企業にとっては、技術、設備、そしてコストが重要な要素ですが、最後は人間同士の意思の疎通が成否を握る部分が大きいと思います。

この実務型英語学習は、業務上の必要性に迫られてといった消極的なものでなく、技術者の皆様のモティベーションを高めるという戦略性を有する積極的な投資だと考えます。
英語を学習することにより実務のみならず情報チャンネルの拡大、多様化が獲得でき、結果として技術者の皆様の視野が拡がり、そして適切な判断の助けになると信じます。

本講座の概要を記載いたしましたのでご高覧の上ご採用賜りますようにお願い申し上げます。

<対象となる方>

設計開発、製造、サービスに従事の英語初級者の方
  • ■英語業務の多い技術者の皆様
  • ■海外赴任予定の技術者の皆様
  • ■海外出張の多い技術者の皆様
  • ■新入社員の皆様

<達成目標>

習熟度による限定範囲内において
  • ■海外との連絡業務が正確にできる。
    (e-mail, 電話、TV会議等)
  • ■取扱説明書や技術文書の翻訳が対応できる。
    (機密保持に貢献)
  • ■商品・装置説明ができる。
    (アテンド通訳、展示会、客先訪問等に有効)
  • ■現地での機械調整、改造、据付、保守等の業務が現地スタッフを指示して行なえる。
  • ■現地スタッフの教育ができる。
  • ■海外顧客・スタッフと通訳を介さず意思疎通が図れ、良好な人間関係が構築できる。

<内容>

  • ■個別カウンセリング(本人の英語資格、英語経験、業務状況等確認)
  • ■単語・文法・英語力診断テスト実施(英語力の差異が大きい場合はレベル分け)
  • ■英文法の基本事項整理
  • ■単語・熟語確認小テスト
  • ■英文読解演習と解説(TOEIC、英検問題から)
  • ■技術英語の基礎問題演習と解説
    • ・数値、単位、四則計算
    • ・重要表現、前置詞
    • ・技術英文での重要構文等
  • ■当面の専門分野に関する英語解説演習(個々の状況に応じて)
    • ・当該装置、設備の主要素の確認(部分名称とスペリング、動作説明)
    • ・電気主要素の確認(起動・停止手順、非常停止、操作パネル等)
    • ・取扱い説明書の書き方
    • ・安全に関する指示表現等
  • ■リスニングの問題演習(TOEIC、英検問題から)
  • ■旅行英語(空港、ホテル、レストラン、ショッピング、交通機関、銀行、病気等)
  • ■日本について(文化、歴史、日本事情等最小限のことは英語で説明が可能)
    • ・相手が異文化ネイティブであることを考えれば必須項目(従来、軽視されてきた)

<進め方と諸条件>

  • ■一般英語については以下の資格試験合格を第1段階のベンチマーク目標とします。
    《TOEICスコア:600、および英検2級》
  • ■1クラス同レベルの方で3〜5人程度(個別クラスも可能)。
  • ■講座は、週1回・2時間。
  • ■指導期間:1〜2年間(習熟度により)
  • ■講座費用は、都度お見積もりさせていただきます。
  • ■海外赴任を至近に控えた技術者向けの個人集中講座もご提供可能。(別途見積もり)
お問い合わせ・お申し込み
森田技術翻訳&イングリッシュ・セミナー
〒939-8251 富山県富山市西荒屋264
TEL/076-429-4885  FAX/076-428-9105
アクセスマップ お気軽にご相談ください!

ページトップ▲